カウンセリング時に「毛抜きは使ってません!」ってウソつくとどうなる?

脱毛に通う際には、はじめにカウンセリングがあります。
カウンセリングの中では脱毛についての説明やコースの説明などもありますが、現在のお手入れ方法について聞かれることもあります。

 

このとき、「毛を抜く処理はしていませんか?」と聞かれて、「してません!」とウソをついたらどうなるでしょうか?
つまり、本当は普段は毛抜きやブラジリアンワックス、脱毛テープなどを使って「抜く」タイプの自己処理をしているのに、カウンセリングではしていないと答えるということです。

 

このように聞かれるということは、「毛を抜いていたら脱毛できないの!?」と不安になって、ついウソをついてしまう人もいます。

 

でも残念ながら、ここは正直に答えなければいけないところです。

 

なぜなら、抜いて処理していると、脱毛の効果が得られないからです!
はい、お金をどぶに捨てることになります。

 

では、もし正直に答えるとどうなるのか?
その場合、契約を断られるわけではありません。

 

「そうですか。では、今日から抜く処理はやめていただいて、1か月以上空けてから脱毛をはじめましょう☆」

 

と言われます。

 

脱毛の効果を出すには、剃った状態のムダ毛にしておかなければなりません。
でも、今抜くタイプの自己処理をしていたとしても、今すぐやめれば大丈夫。
1か月程度空けるとまたムダ毛が生えそろってくるので、そのときにはきちんとシェーバーで剃って、脱毛してもらうことができます。

 

「脱毛してもらえないと困る!」と思ってついウソをついてしまうと、全然効果が無い状態で施術を受けることになり、お金と時間のムダになります。
必ず正直に答えて、今後の自己処理方法について教えてもらうようにしましょう。

 

まさか怒られるなんてことは絶対にないので、絶対に正直に答えるようにしてくださいね!