初めての脱毛で気になる!「ピルを飲んでいる人は脱毛できない」は本当なのか?

初めて脱毛する人は、まずはわきから試すのが定番です。
ただ、脱毛っていろいろと厳しい要件があり、「日焼けNG」「当日の入浴NG」などたくさん注意事項があります。

 

その中には、薬の服用についての注意事項もあります。

 

薬の種類によっては脱毛の施術をすることによって光過敏症の恐れがあるものもあり、かならずカウンセリング時に申告することになっています。

 

薬の中でも、女性は服用している人が増えてきているのが「ピル」です。
避妊のために服用している人もいれば、子宮内膜症の治療や生理不順・PMSの改善のために服用している人もいます。

 

よく、ピルを飲んでいると脱毛が受けられない、という話を聞くことがありますが、そんなことはありません。

 

ピルを服用していても脱毛はしてもらえますし、また、効果が無いということもありません。

 

 

ただ気を付けたいのは、ピルを服用している人は色素沈着が起こりやすい、ということです。
色素沈着は、肌に刺激を受けたときにできやすいものですが、脱毛機から照射される強い光も肌には刺激になります。ピルを服用していると普通の人よりも色素沈着が起こりやすいので、その点だけ覚悟した上で脱毛に通うようにしましょう。

 

また、クリニックの場合はピルを飲んでいても施術してくれますが、エステの場合は、店によっては念のためNGにしているところもあります。
ピルの普及にともなって、ピルを服用していても施術OKとしているエステは増えましたが、それでもまだNGのエステもあります。
医療機関と違ってエステでは適切な対処ができないので、万が一のことを考えてNGにしているわけですね。

 

ですから、ピルを服用している人ははじめからクリニックに脱毛に行くか、もしくは先にピルの服用がOKかどうか確認してからエステで契約するようにしてくださいね。